平成31年4月

2019年04月02日活動日誌

平成30年5月1日から、間所弁護士の弁護士としての活動、ボランティアとしての活動、私的なことを含め、一日の活動を日曜日、祭日に関わらず毎日日誌として開示します。
健康で活動出来ればこその日誌です。
健康であることを願い、健康で活動出来る間は継続いたします。応援よろしくお願いします。
弁護士 間所 了

4月16日(火)

午前

・ 家庭裁判所の離婚事件にパートナー鈴谷弁護士と共に出頭した。
・ 自己破産事件の依頼者と打合せをした。

午後

・ 離婚事件(訴訟)の依頼者の陳述書、証拠申出書を作成した。

4月15日(月)

・ まだ左目は見えないままに事務所に出所した。少しずつ机上の整理を行った。

・ 離婚事件の依頼者と陳述書について打合せをした。

4月11日(木)

・ 午前8時30分の診察で、手術について問題ないので、今日退院して自宅で安静にして下さい。とのことで、昼前に退院した。
  目を開けても膜を張ったようで、まだ見えない。見えるようになるまでには時間がかかるとのこと。
  以後、14日(日)まで自宅で安静療養する。

4月10日(水)

・ 午前11時に県病院に入院をした。
  手術は午後4時頃から7時まで掛かったが、無事終了した。
  県病院に泊まる。

4月9日(火)

午前

・ 県病院に行き、眼科で診察を受けた。
  レンズが落ちかけているので、大至急手術することになった。

午後

・ 明日10日に手術することに決定した。
・ 本日予定されていた事件は、パートナー弁護士が手分けをして対応した。
・ 今週の予定については、事件関係は全てパートナー弁護士にお願いし、行事等は欠席とした。

4月8日(月)

午前

・ 広島県保護司会OB会 第4回活性化協議会の案内を出した。

午後

・ 遺産分割調停申立事件で依頼者と打合せをした。
・ 加藤接骨院(東区戸坂)に行き、右肩等のコリを揉み解してもらった。
・ セントラル眼科に行き、左眼を診察してもらう。
  以前、白内障手術で取り替えたレンズ(水晶体)が動き、落ちる可能性があるので、急いで手術をしなければならないとのこと。
  県病院の金本医師に対する紹介状を書いてもらった。

4月7日(日)

・選挙の疲れを癒すため,自宅でゆっくり過ごす。投票を済ませたのち,広島城に行き桜を見る。夜7時30分頃,畑石選挙事務所に出て開票を待つ。畑石は投票率が最低でも1600票延ばし,2位当選した

4月6日(土)

午前

・畑石選挙事務所に行く

午後

・選挙カーに乗り牛田地区を回った
・早稲田神社崇敬会総会に出席した。役員改選があり,今回も会長に就任した

・畑石個人演説会4ヶ所で弁士を務める
  

4月5日(金)

午前

・県議会議員候補 畑石けんじの選挙カーに乗って応援する

午後

・自宅で休息

・畑石個人演説会で弁士を務める

4月4日(木)

午前

・自己破産申請について依頼者と打ち合わせた(二件)
・境界紛争事件で境界壁建築について設計業者と協議した

午後

・県議会議員候補 畑石けんじ事務所に行く

・畑石個人演説会で弁士を務める

4月3日(水)

午前

・県病院で定期検査。異状はなかった
・セントラル眼科で検診。異常なかった

午後

・法律事務所で事務所の弁護士と打ち合わせをした
・畑石けんじ選挙事務所に行く

・畑石けんじ個人演説会の弁士を務めた

4月2日(火)

午前

・事務所で書類の整理

午後

・要介護1の依頼者の介護支援で地域包括支援センターの支援員,ケアマネージャーを同行して,自宅を訪問して今後の介護支援契約を締結した

・畑石選挙事務所に行く。個人演説会3ヶ所で弁士を務めた

4月1日(月)

午前

・就労支援事業者機構就労支援員辞令交付式で辞令を交付した

午後

・上田流和風堂特別公開(浅野氏広島城入城四百年記念事業)を見学した

・畑石県議候補の個人演説会で弁士を務めた

TOP