令和4年6月

2022年06月06日活動日誌

平成30年5月1日から、間所弁護士の弁護士としての活動、ボランティアとしての活動、私的なことを含め、一日の活動を日曜日、祭日に関わらず毎日日誌として開示します。
健康で活動出来ればこその日誌です。
健康であることを願い、健康で活動出来る間は継続いたします。応援よろしくお願いします。

6月26日(日)

・ソフトテニス大会の開会式に出席した。
・側道から本線に強引に入ってきた車に側面衝突された交通事故訴訟の現場写真を撮影に行った。
・別の交通事故訴訟の準備書面を起案した。

6月25日(土)

・土曜だが、来客があり、事務所に出た。
・勤務中に暴行され、眼に傷害を受けた件の依頼者と打ち合わせた。
・月曜日にある、県保護司会OB会総会の打ち合わせを事務局と行った。
・大動脈弁輪拡張症に対する心臓手術後に、脳梗塞で死亡した事件で、病院側の弁護士から届いた和解案について、依頼者と打ち合わせた。
・入院中の高齢者が心筋梗塞で死亡した医療過誤訴訟事件で、準備書面を書いた。

6月24日(金)

・詐欺行為の取り消し、代金の返還を請求している訴訟の弁論があり、次回までに証人を申請することになった。
・弁護士会の更生保護プロジェクトチームの会議がWEB会議で行われた。
・東区雇用主会の総会が行われ、久しぶりに懇親会が行われた。

6月23日(木)

・ブロック塀の倒壊で負傷した裁判事件で、塀が危険だから撤去せよと役所から行政指導されていたにもかかわらず従わなかったことを立証する為に、裁判所に対して、区役所に対する文書送付嘱託申請書を作成した。
・取締役として10年も勤務していたが、会社の登記簿には2年間だけ勤務したことになっているので、10年間の実績を求める訴訟を起こす依頼を受けた。
・気を失い、道路に後ろ向きで倒れ、後頭部を強打し、大きなたんこぶが出来た件で、高校の物理学の先生が計算すると、後頭部に約60㎏の力が加わったことが分かった。先生は、アスファルトの路面であり、当然頭部に傷が 出来るとの意見書であった。これは、訴訟で有力な証拠となる。
・広島法務局に行き、商業登記部の登記官に会い、取締役の就任、退任の登記の仕方につき、指導を受けた。

6月22日(水)

・参議院議員の選挙が今日から始まった。出陣式には欠席した。
・福祉施設で、虐待され負傷した損害賠償請求訴訟事件の裁判がWEB会議で行われた。
・代物弁済した土地の賃料を決める訴訟で、土地の買戻しの話しが進んでおり、依頼者と方針を打ち合わせた。
・県保護司会OB会総会を27日に控え、事務局と打ち合わせた。
・夕方、かかりつけの歯科に行き、メンテナンスをしてもらった。

6月21日(火)

・放射線治療で、小腸が腸閉塞(イレウス)になった医療過誤事件の第一回裁判に出席した。
・ウイズ広島ネット謝恩懇話会に出席した。
・病院で、痰が気管に詰まり、死亡した医療過誤事件の裁判に出席した。
・不明の相続人を見つけ出し、やっとのことで預金の解約が出来た件で、依頼者がお礼の挨拶に来た。
・死亡した父が遺産を全て弟に遺贈した件で、兄から遺留分減殺請求の依頼を受けた。

6月20日(月)

・多重債務で、自己破産をした父にサラ金から督促の手紙が来たとの相談を受けた。
・自己破産申請を受任している人と打ち合わせをした。
・手術ミスで、死亡した医療過誤事件で、病院の代理人から和解案が届いた。金額に不満があるので、依頼者と打ち合わせることとした。

6月19日(日)

・朝、青了会ソフトボール大会の開会式に出席した。
・7月7日次男の娘(孫)に男の子が誕生したのでお祝いに行った。初の曾孫である。名前は稜(リョウ)と名付けられた。とてもしっかりとした顔をした良い子である。
・午後、事務所で、2.3準備書面や、手紙を書いた。

6月18日(土)

・ビルメン会長の杉川氏の藍綬褒章受章祝賀会に出席した。
・午後、事務所に入り、机上を片付け、事件処理の計画を立てた。

6月17日(金)

・医療過誤訴訟(高齢者の緊急入院に対する治療過誤)に依頼者と一緒に出席した。
・生命保険契約の不適切について、相談を受けた。
・精神病院での自殺事件について、遺族と打ち合わせた。
・父の死亡につき、遺産相続の委任を受けた。
・ペストコントロール協会の懇談会に出席した。

6月16日(木)

・広島弁護士会更生保護プロジェクトチーム代表、佐藤弁護士と、更生保護協会の中尾副理事長に「寄り添い弁護士活動」に対する助成のお願いに行った。
・山林所有権確認、妨害物撤去請求訴訟事件の第一回訴訟があった。
・使用貸借後の土地明渡請求事件で、土地の買戻しの和解があった。
・医療過誤(高齢者の緊急入院での治療過誤)訴訟事件に於ける原告の陳述書を作成した。

6月15日(水)

・会社勤務中に社長から暴力を受けた依頼者と、傷害の診断書の交付について、打ち合わせた。
・会社都合で、解雇された退職金請求訴訟事件の裁判がWEB会議で行われた。
・たんこぶ訴訟事件で、道路上に倒れた際に、頭が受ける衝撃力は、物理的に重力計測することが出来るか、物理学の先生に相談した。
・精神病院での自殺死亡事件について、依頼者と打ち合わせた。

6月14日(火)

・医療過誤(精神病院で自殺)事件の受任を受け、事故内容を詳細に聞いた。
・子の養育請求家事調停事件で、所得証明書等調停で必要な書類を家裁に送付した。
・証券会社の社員と懇談した。

6月13日(月)

・広島市を被告とした名誉毀損訴訟事件で、準備書面を提出した。
・自己破産申請依頼者と打ち合わせた。
・医療訴訟審理改善検討委員会のZOOM会議に参加した。

6月12日(日)

・午前中、訴訟になっているたんこぶ事件について、たんこぶが出来た事故を立証するために現場写真を撮影した。
・昼から、広島板金工業組合の懇親会に出席した。3年ぶりの会で久しぶりに皆様にお目にかかれた。
・夜、事務所で訴訟事件の準備書面(施設で高齢者が虐待を受けた)を起案した。

6月11日(土)

・昼までゆっくり自宅で過ごした。
・午後、国際会議場で開かれた、衆議院議員「石橋を育てる会」に出席した。
・夕方、事務所で2,3、記録の件整理をした。

6月10日(金)

・医療過誤(たんこぶの治療をしなかったために蜂窩織炎にかかった)訴訟事件の弁論に出席した。
・広島市役所を相手とした名誉毀損事件で、申請した証人を全員尋問するがあることを主張を準備書面で提出した。
・町内のメイン道路の交通対策について、畑石県議と東警察の交通規則課に要望した。
・進行中の訴訟の依頼者が話しに来所した。
・新しく医療過誤(病院で自殺)事件につき、訴訟依頼に来られ、カルテなど記録を預かった。
・4月に事務所に入所した、小泉弁護士と夕食を食べて懇談した。

6月9日(木)

・社長に暴力を振るわれ、退職した依頼者と示談について、打ち合わせた。
・中国新聞の記者が医療裁判について、取材に来た。
・退職した会社との負債処理について、依頼者を代理して、手紙を出した。
・医療過誤(病院で痰を喉に詰まらせて死亡した)訴訟で、準備書面を提出した。

6月8日(水)

・退職金請求等訴訟につき、訴えの変更申請書を提出した。
・娘の居場所調査の依頼を受けた。
・多重債務の相談を受けた。
・病院で自殺した医療過誤について、打ち合わせた。

6月7日(火)

・高松簡易裁判所に申立をした共有所有物分割請求調停申立事件が電話会議で行われた。
・自己破産申立事件の依頼者と打ち合わせた。
・広島県雇用主会連合会の役員会に出席した。
・会社都合解雇事件に於ける退職金請求訴訟事件の準備書面を起案した。

6月6日(月)

・面会交流の調停に参加した。
・相続に絡む共有不動産の分割について、相談を受けた。
・医療過誤訴訟の準備書面を提出した。
・東地区保護司会広報誌の増刊号に載せる、祝辞の原稿を書いた。

6月5日(日)

・朝早く起き、草刈を済ませた。
・甥が広島から来て、立ち寄った。
・昼前から雨になったので、昼から帰った。

6月4日(土)

・今日は真夏日のとても良い天気になった。午前中「かきつばた祭」に出席した。福原一閒氏の篠笛が高原の風に乗って、かきつばた畑に響き渡り、とても癒やされ、心地が良い。スタッフがついたヨモギ餅を美味しく頂いた。



・午後には草刈をした。
・夜、月曜日に提出する準備書面を起案した。

6月3日(金)

・医療過誤訴訟(たんこぶ事件)で準備書面を提出した。
・広島市民病院医療過誤訴訟事件の準備書面手続に出席した。
・夕方、八幡高原の別荘(古蓬庵)に入った。明日のかきつばた祭に出席するため、今夜は、友人の大倉夫妻が宿泊し、久しぶりに楽しい夕食会となった。

6月2日(木)

・敷金返還請求の弁論に出席した。
・相続の相談を受けた。親の不動産が相続登記が済んでいるかの調査の依頼を受けた。
・訴訟で、証人になってもらう人と打ち合わせた。
・医療過誤訴訟事件で、準備書面を作成した。

6月1日(水)

・駐車場を不法占拠している者に対して、明渡と賃料請求訴状を作成した。
・敷金請求訴訟事件について、証拠を提出した。
・面会交流調停事件で、意見書を提出した
・医療過誤事件について、新しく相談を受けた。

TOP