令和3年7月

2021年07月05日活動日誌

平成30年5月1日から、間所弁護士の弁護士としての活動、ボランティアとしての活動、私的なことを含め、一日の活動を日曜日、祭日に関わらず毎日日誌として開示します。
健康で活動出来ればこその日誌です。
健康であることを願い、健康で活動出来る間は継続いたします。応援よろしくお願いします。

7月25日(日)

・6時30分には起きてラジオ体操をした。朝の涼しい内に仕事をするにかぎる。庭の草取りをした。
・10時過ぎ頃、戸河内の友人が立ち寄ってくれた。昼まで、お茶を飲み話した。
・昼過ぎに帰広した。光風展の最終日、県立美術館で光風展を鑑賞し、居合わせた橋本一貫広島光風展代表と話しが出来た。
・事務所に立ち寄り、準備書面を一つ書いた。


八幡高原の菜園。サツマイモ、キュウリ

光風展、橋本一貫先生の作品

7月24日(土)

・昼過ぎに八幡高原の別荘(古蓬庵)に入った。高原も昼間は暑い。早々に家の全ての戸を開けて風を通した。扇風機をかけるとやっと涼しくなった。
・夕方、「つばき」「ツツジ」の剪定等の手入れをした。
・夜はテレビでオリンピックを観た。



7月23日(金)スポーツの日

・今日は、オリンピックの閉会式が行われる記念すべき日。
・正午、孫娘の婚約者とそのお父様に会い、昼食を共にした。婚約者のお父様は、どうやら牛田中学校を卒業されており、私の長男と同学年で当時、私はPTAの会長であった。とても良いご縁を感じ嬉しかった。二人の幸せを祈る。
・夕方、事務所に訴訟の和解終結した依頼者が御礼に来られた。
・医療過誤訴状の最終チェックをした。

7月22日(木)海の日

・祭日だが、事務所に出て仕事をした。
・根抵当権設定登記抹消登記請求訴訟の訴状を起案した。
・先取特権に基づく競売申立て事件の証拠を整理した。
・債務弁済交渉事件の依頼者を打ち合わせた。
・資産管理(任意後見)事件の本人宅に行き、久しぶりに懇談した。

7月21日(水)

・朝、孫の結婚の件で、親戚と打ち合わせた。
・機構の就労支援員会議をした。
・成年後見人の遺産相続について、共同相続人の弁護士と協議が出来た。
・父から生前贈与を受けた預金の引渡を姉から求められている訴訟について依頼者と打ち合わせた。
・夕方、司法修習生が採用面接に来た。 

7月20日(火)

・午前中、午後の控訴審で本人尋問があり、東京から来た依頼人と打ち合わせた。
・午後の本人尋問では、打合せしたため、大体うまくいった。
・遺言は無いが、全部をあげると預金通帳を渡して死亡した人の遺産相続について、依頼者と協議した。

7月19日(月)

・自己破産をする人の自宅の売却を依頼した不動産仲介業者と月末の決済について、打ち合わせた。
・7月7日に手術した目の検診があり、順調であった。
・遺産を第三者に包括遺贈された依頼と遺留分減殺請求について、打ち合わせた。
・夜、長女の誕生日を祝って家内と3人で会食をした。

7月18日(日)

・朝、井居君が、裏山の草刈りをしてくれる人を連れて来て、紹介してくれた。
・今日は3時からANAクラウンプラザ広島で、衆議院議員 平口先生の会があるので昼過ぎに帰った。途中、「かきつばた」の畑の手入れをしているボランティアの人たちに挨拶をした。


「かきつばた」の苗の植え付け作業

7月17日(土)

・朝、八幡高原に出発した。途中、安芸太田町で法律相談に立ち寄った。
・昼過ぎから畑の草取り、きゅうり、さつまいも、枝豆に追肥をやった。
・繁茂した竹や木を切り庭の手入れをした。
・姉が子、孫を連れて来た。

7月16日(金)

・5年間も続いていた安佐市民病院医療過誤死亡事件の裁判で、本日広島高裁で全面勝訴の和解が成立した。病院は遺族に謝罪し、8月5日までに一億円を支払う内容。
・和解後、新聞社、テレビ局各社が出席し、正午から広島弁護士会館で記者会見を行った。夕方から夜にかけ、各テレビ局が一斉に報じた。
・この和解には、訴訟当事者全員(妻、子供達)が出席し和解後、病院側(院長、副院長、担当医)からそれぞれ謝罪の言葉を頂いた。長い闘いであったが、遺族はやっと報われた。遺族から感謝の言葉を聞き、弁護士冥利に尽き、感激この上無きことであった。

7月15日(木)

・貸金返還請求事件の訴状を起案した。
・福祉施設のデイサービスで負傷した原因究明を理事長に求めて、内容証明郵便で申し入れた。
・廿日市市の紛争地に関係者が集まり意見交換会をした。

7月14日(水)

・交通事故訴訟の弁論準備に出席した。次回は原、被告の尋問期日となった。
・少年スポーツ団体の不明資金弁償訴訟事件の弁論準備に死亡した元代表の相続人の代理として出席した。
・16日(金)の医療過誤訴訟高裁事件の和解後の記者会見の案内状を作り、県庁記者室に配布した。
・20日行われる訴訟の本人尋問事項書を作成した。

7月13日(火)

・隣との境界確定について、依頼を受けた。
・交通事故訴訟の和解協議が行われた。裁判所より、近々最終的案が提出されることになった。
・県雇用主会理事会に出席した。会議終了後、久しぶりに懇親会が行われた。手術後であったが、とても楽しく少々飲んだ。

7月12月(月)

・今日は入院で休んだ間に溜まった事務整理があり、早く出勤し、机の上の書類を一つづつ片づけた。
・11時、保護司会OB会役員会に出席した。
・午後、明日及び明後日の裁判事件の準備書面及び証拠を提出した。
・応募を受けた司法修習生と連絡が取れ、面接日を決めた。

月11日(日)

・昨夜はよく寝れた。朝6時目が覚めた。今日は退院、天気も良く気分も爽快。
・7時に目薬を入れシャワーをし、髪を整えた。
・8時の朝食後、戸田先生、竹中先生の検診があった。問題なく順調であった。
・看護師から退院後の指導があり、9時過ぎ頃退院となった。
・事務所に寄り、入院中にあった事務を処理した。
・夕方、一番上の孫が来て、婚約者と親が来られるので、接待の相談ををした。夜に別の孫も来て、色々話した。

7月10日(土)

・今日のテレビは九州南部の大雨のニュースでいっぱいだ。
・朝食後、竹中先生、戸田先生の検診があり、両先生とも術後順調であり、問題は無いと言って下さり、安心した。
・今日から自分で目薬を入れることになった。今までも1人で入れていたので心配はない。
・夕方、頭を洗って貰ってさっぱりした。
・明日の退院は10時頃になるとのこと。

7月9日(金)

・朝食後の竹中担当医の診察で、縫い目が良く着いているとのこと。
・午前中2本目の点滴が終わり、右手首に入れていた点滴用装置が取れたので首から下はシャワーが出来ることになり、早々シャワーをした。とても気持ちが良かった。
・昼過ぎに家内が新聞を持って来たので、売店でヨーグルトとバナナ等を買ってきて貰った。
・夕方、戸田主治医の診察があり、角膜は綺麗に着いているとのこと。一安心だ。予定通り、11日に退院出来る。

7月8日(木)

・朝、事務員に電話し、出勤に気をつけるよう指示をした。
・朝食後、部長の診察があった。
・午前中は点滴があった。明日もあるとのこと。
・夕食後、主治医の診察があり、良く着いているとのこと。

7月7日(水)

・10時過ぎより手術の準備に入った。手術着に着替え、手術後に利用するベットを看護師が押し、私は歩いて手術室に入った。
・手術室のベットで上向きになり、全身麻酔注射で寝た。手術が終了し、覚醒したのは13時30分頃か。ベットで寝て点滴しながら入院室に帰った。
・夕食後、主治医の診察があり、手術後の結果は良いとのこと。
・夜から大雨が降っていた。

7月6日(火)

・10時30分、広大病院に入院した。
・明日10時30分から左目について、全身麻酔下で角膜移植手術があり、その流れについて看護師から説明を受けた。
・主治医戸田医師の診察があり、手術内容について、再度説明を受けた。手術担当される竹中彩乃医師も診察された。

7月5日(月)

・午前中、尾道の因島で土地境界確定測量の立会をした。
・妻から離婚協議を求められている依頼者と事務所で打ち合わせた。
・精神障害者に家財道具を壊された依頼者が見積を持参された。

7月4日(日)

・今日は雨は降らない。朝から草刈りをした。
・昼過ぎ、牛田の友人が、大学の先生と一緒に、小鳥が玄関の脇の隙間に作った巣を見に来た。
・午後、早めに帰広した。

7月3日(土)

・静岡、神奈川では大雨のニュース、八幡高原は午前中は降らない様子。朝から畑仕事と草刈りをした。
・午後は、配水路工事の予定地に育っている「サクラソウ」「九輪ソウ」を移植した。3時頃から雨になった。

7月2日(金)

・数年同居している人に退居してもらうことについて、相談を受けた。
・歯科医療過誤訴訟の弁論準備がWEB会議で行われた。
・昼時間、東地区保護司会会長と懇談した。
・午後、歯科に治療に行った。
・散髪を済ませ、夕方、別荘(古蓬庵)に入った。2泊する予定。
・建設会社に依頼した、別荘裏の配水路工事が予定通り進んでいた。あと1日で終わる予定。

7月1日(木)

・午前中、広大病院麻酔科に行き、7月7日に眼科手術で、全身麻酔をする為の調査、説明を受けた。
・貸金の分割弁済をうけている債権者が死亡し、相続人である娘さんに来てもらい、内容を説明した。
・親の遺産争い訴訟の弁論準備がWEB会議で行われた。
・離婚協議中の依頼者と打ち合わせた。訴訟和解中の裁判で、裁判所に対して、上申書を提出した。

TOP